成長因子配合の基礎化粧品の現状

成長因子を分類すると

FGF 線維芽細胞細胞成長因子
EGF 上皮成長因子

などが有名です。

体内のレセプターと成長因子が結びつくと、効果を発揮するそう。

シグナリフトには成長因子が5種類配合。それぞれの役割を果たすために
働きます。

だいたいのヒト幹細胞エキスはここで終了

ヒト幹細胞由来のエキス配合のものは、成長因子が配合されていてそれで終了、ということが多いのですが

シグナリフトの新しい点として、シグナペプチドが配合されている、というところがあげられます。

成長因子は私たちの体内で日々作られているのですが、だんだんとその量が減ってきて肌のハリやつや失われていきますね。

減っていく成長因子の量を増やそうと刺激する成分がシグナペプチドです。
つまり細胞を増やすために必要な刺激を与える成分も配合されていて

成長因子を補充しつつ
自分で成長因子を作る力を上げていく

という機能を持った美容液なのです。

幹細胞コスメの中でもシグナリフトは新しい試みだと言える点は この自分で作る力を上げている点だと思います。

ただ幹細胞エキスを加えるのでいいのか?

ただ、幹細胞エキスを加えるだけで肌がきれいになるのか?といわれると、確かに不足している成分が補充されることで、きれいになっていくとは思います。

シグナリフトはその上に「自分の再生力を上乗せ」している点で、ほかの幹細胞コスメとは違っています。再生医療の知識と技術力で、幹細胞コスメの力をアップしているという印象の美容液です。

詳しい説明が公式サイトに掲載されているのでご参考にどうぞ。


成分がどうか?ということより実際の肌のはたらき、肌の仕組みに着目している点が再生医療センターの強みだと思います。