顔のたるみの原因

顔のたるみの原因は

  • 肌の弾力低下
  • 表情筋の衰え
  • 姿勢の悪さ

などが考えられるとか。なので年齢を重ねてくるとどうしてもたるんでくるのは当たり前ですね。

そうですね。

それでも何もやらないでいると、加速度的に老化は進んでいき、10年後にはあっという間に見た目が変わってしまいます。

力のない皮膚に深い溝のようなくっきりジワが。

老化が進んでしまった、老化が完了してしまった肌では多少のケアでは変わらないし、たとえ医療のケアを始めたとしても、若いころと比較すると格段に費用が高くなるものです。

たるみ対策として、今できること

日常生活の中でのたるみ対策としては

  • 紫外線対策
  • 正しい姿勢
  • 保湿
  • 食事と睡眠

などなど、通常のアンチエイジングと同じです。

これらをふまえながら、ワンランク上の自宅ケアをやっていくことをおすすめしたいと思います。

20代のころは保湿ケアで十分ですが

基本は保湿ケア、といわれるアンチエイジング対策ですが、20代のころと肌はがらりと変わってきています。

保湿ケアだけやっておけば十分だった20代とは変えていかなければいけません。老化してしまった肌にもう少し元気になってほしいときに

チョイスしたい家庭用美顔器とその使い方を考えてみます。

たるみ対策に良い美顔器

肌の弾力低下

肌内コラーゲン画像

右の図ではコラーゲンやエラスチンのある真皮の部分がへこんでいますね。それに伴い表皮の溝が深く刻まれています。

肌の真皮のコラーゲンやエラスチンの若返りを目的とした美顔器がnewaリフトです。

newaリフトの詳細はこちらで

newaリフトとは? の記事でご確認を。

表情筋の衰え

表情筋の衰えはEMSでケアしていくとよいといわれています。

パーフェクトウェーブDHC

~DHCより引用

コラーゲンやエラスチンよりもさらに奥の筋肉を鍛えて、肌をしっかりと支えきれる筋力をつけることを目的にしています。

特にEMS美顔器の良いものになると、負荷、つまり顔にかける力は少ないのですが、電気信号を使った運動なのでしっかりと動くんです。

弱い力で大きく動かす、という点は自分でトレーニングするよりも皮膚に負担がかからないといわれています。

DHCパーフェクトウェーブは

DHCパーフェクトウェーブ の記事でご確認を