エイジングケアをする40代にとって、髪の問題も同時進行です。

年を取るとき

髪も白くなり、毛も細くなる50代以降ですが
やはり髪がしっかりと決まると、見た目年齢が驚くほど若くなります。

60代に入って、ロングヘアはかなり勇気のいること。
お手入れが完璧でないと、ロングは難しいです。毛先にまで栄養がいかなくなり、パサついてしまいます。

そんな時にセルキュア4Tプラスを使った地肌ケアがお勧めです。

セルキュア4Tプラスとヒト幹細胞エキス

セルキュア4Tプラスには専用のBLGリッチという美容液があります。
これはヒト幹細胞エキスと成長因子が配合されていて、さながらクリニックレベルの印象です。

このBLGリッチは
セルキュア4Tプラスのアタッチメントを変えることで

頭皮に導入できるんです。

頭皮に成長因子をポレーションする

今、育毛クリニックでは頭皮に成長因子やミノキシジルと注射する、メソセラピーが主流です。

ちくっとする程度なので痛みは少ないのですが、何となく敬遠されがち。
しかしメソセラピーは結果が出やすいといわれています。

クリニックで育毛メソセラピーをやってしまうと1回につき10万円ほどの負担がかかってきます。あまり多い回数、できるわけではないのです。

しかし

ポレーションの機器がおうちにあれば、成長因子配合の化粧品を導入することができます。自分がクリニックでやりたかった治療を、気軽におうちでもできそうですね。

セルキュア4Tプラスの利点

セルキュア4Tプラスの美顔器としての利点は

  • 成長因子をポレーションすることができる
  • IW波でポレーションをさらに促進
  • クレンジングで汚れが浮く

という点が魅力。
毛穴にたまりがちな皮膚の汚れを優しくケアできます。
さらに、難しかったポレーションも、機器の扱いに慣れることで
つかえるようになることができるのも、美容習慣としてとても良いことだと
思っています。

セルキュア詳細記事はこちらから