首のたるみは他人からみられています

首は顔からつながっているパーツなので、正面からしっかりと見られています。

年を取るとき

これを見ると50代に入ると首にたるみがではじめていますね。そのままにしておくと、ますますたるんでくる気配が。

同一人物なのに、少しずつたるんでいくのはある程度仕方ないですが、そのたるみ具合をお手入れで調節できればいいですね。

何もしないよりは、よく勉強して自分に合う方法でお手入れをする方が
若さを保てるはずです。

首の皮膚は顔に比べると薄い

パーフェクトウェーブ使い方

首の皮膚は顔に比べると薄く、加齢によるたるみも出やすいんだとか。首のたるみの大きな原因ですね。
また、首や肩がこってしまい、リンパの流れが悪くなるとたるみも加速度的にひどくなります。

ということは

首のケアはあまり力を入れずに、でも代謝をよくするケアをやるべき。

首のたるみケアで力を入れるのは注意

コロコロ美顔器も首回りに使いたいところですが、最近のコロコロは引っ張る力が強く、首回りに使うのは私としておすすめしません。

肌の表面を優しくなでるような使用感のものを、ぜひ選んでほしいと思います。今から習慣にしていくたるみ対策グッズは、刺激の少ないものがいいです。

医療美容ならボトックス酸注入

ボトックス注入は

ボトックス(輪郭&ネックシェイプ)はフェイスラインから首にかけて注射をするので痛みが少なく、術後に腫れることなどがありません。
さらに内出血もほとんどなく、メイクもそのままで施術を受けられるので、短時間かつとても手軽に受けられます。

オザキクリニック より引用

顔と比較すると首のボトックス注入は痛みが少ないとか。

家庭でできる首のシワ対策

さらに家庭でできるヒアルロン酸などをポレーションする美顔器なら
痛みはないです。

注入する量は医療と比較すると少ないですが、おうちでできるうえ、続けるほど吸収量は増えていくので

導入する成分を厳選してから、家庭でポレーションする方法はおすすめできると思っています。

注射で痛い思いをするよりもいいかな、という方にはぴったりです。

ポレーションできる優秀美顔器なら

▶セルキュア4Tプラスとは の記事まで

~ここからはおまけ~

セルキュアをなぜおすすめしているのか?

セルキュア4Tプラスレビュー

セルキュアのようにポレーションができる家庭用美顔器は少ないんです。

もう少しお安いものもありますが、照射口の面積が狭いうえに威力が心配。
高額なものは美顔器でも30万するので、私は中間ラインのセルキュアをおすすめしてます。

私でもがんばれば買えそうな10万円代前半。さらに品質はエステで実際に使われているほどなのでしっかりしています。